ハト鳥害対策のエキスパート! ハト対策やハチの巣の撤去などは株式会社はっとトリックにご相談ください。 一般家庭、法人問わず対応可能です。

ハト(鳥害)対策について

ハト(鳥害)対策について

かつては「平和の象徴」だったハトが、今や都市部では糞害や騒音といった公害の原因となり個人や法人を問わず、その対策・駆除が必要とされています。
その様な社会的要請がある中で『はっとトリック』は、ハトも建物も傷つけず飛来・巣作りを防止するさまざまな設備の施工、及び清掃業務を手掛けています。

また鳥害対策だけでなく、ハチ巣の撤去(ハチの駆除)、野良猫・イタチ対策、も行っています。

こんな事で困っていませんか?

  1. ケース1マンション屋上にハトが集まり、その糞で排水が滞り、溜まった雨水でプールの様になっている。建物へのダメージが心配。>対策はこちら
  2. ケース2ビル屋上の4面看板がハトの格好の集会所になってしまっている。>対策はこちら
  3. ケース3店舗の屋上スペースにハトが居着いてしまった。衛生面や風評被害が心配。>対策はこちら
  4. ケース4浄水場の転落防止柵にいつもハトがいる。下の駐車場にある車が汚されてしまうのが心配。>対策はこちら
  5. ケース5太陽光発電パネルと屋根の隙間にハトが巣を作ってしまった。影響が出ないか心配。>対策はこちら
  6. ケース6テレビアンテナにハトが停まって写りが悪くなってしまった。>対策はこちら

ハトの増加原因

ハトの餌となっている15%~20%くらいは、自然界にある植物の実や種で、残りの80%~85%の餌は、何らかの方法で人が与えています。

  1. 1、公園や神社・寺での餌やり。
  2. 2、殻物が実ったときや刈り取った後の落穂を畑や田んぼで食べている。
  3. 3、港や穀物倉庫で袋が破れたり落としたりしてばらけた物を食べている。
  4. 4、山や川原で雑草の種や木の実を食べている。

上記の上から3つは、人的行為とみなされます。
ハトを減らすには、ハトに与える餌を減らす事ができれば数は自然と減らす事が出来るのですが、現実はなかなか厳しいです。

  • ハトの増加原因
  • ハトの増加原因
  • ハトの増加原因

ハトが持つ病原菌の一例